ホーム > 借金 > カードローンの借金で危うく人生終わるとこだった・・・

カードローンの借金で危うく人生終わるとこだった・・・

きっかけはほんの些細な事でした。給料日前のピンチを切り抜けるためにカードローンの契約をしたのです。

おかげで給料日前でもお金に不自由することはありませんでしたが、限度額まで借りられるという特性により調子にのってどんどんと借りてしまったのです。

その結果借金は雪だるま式に増えていき、返済が大変になってしまいました。

そこで友達にお金を借りに行くことにしたのですが、借金に困っているなら債務整理をすればいいと勧められたのです。

債権整理をしてくれる弁護士がいるということで実際に事務所まで相談しに行くことにしました。

私が行ったのは民事再生の手続きでした。裁判所を通じる手続きなのですが、借金を圧縮して債権者に返済をしていくという方法であり、自己破産のように家を失うことのない債権整理手段ということで自分にはぴったりでした。

以前かなりたくさんあった債務でしたが債権整理をしたおかげで毎月の返済額もかなり少なくなり、もう借金が増える恐怖から抜け出すことができました。

一つだけ悔やまれることがあるとすればもっと早くにこの方法で解決しておけばよかったということです。そうすればあれほど長い間苦しまずに済んだはずです。

カードローンはもう利用できなくなってしまいましたが借金返済問題が解決されただけでも十分です。

あの時助言をしてくれた友達には感謝しています。ただお金を貸してくれただけでしたら解決にはいたりませんでした。

今の幸せがあるのは友達とお世話になった弁護士の先生のおかげです。