ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化の必要性や自分で行う場合の手間などについて

クレジットカード現金化の必要性や自分で行う場合の手間などについて

ショッピング枠を換金する行為であるクレジットカード現金化は、急に現金が必要になった場合に役に立ちます。

また、わざわざ換金しなくても、ショッピング枠は買い物や一部の支払いなどで使うことができます。

しかし、電気や水道やガスといった公共料金などは、現金でしか支払いができません。

他にも、一部のサービスや老舗店などでショッピング枠が使えないことも少なくありません。

また、クレジットカードのキャッシング枠を利用すると専門業者を挟むことなくカード会社から現金が借りられますが、金利手数料などが発生します。

そしてショッピング枠よりも限度額が小さくて、限度額に達した場合にそれ以上現金を借りることができなくなります。

したがって現金を得る方法として、ショッピング枠を使ったクレジットカード現金化が重宝されています。

自分で行う場合には還元率が高くなりそうな商品を選び、ショッピング枠を利用してある程度高額な買い物をします。

このとき、ネット通販や実店舗を利用してできるだけ商品を安く購入することが大切です。

そして、購入した商品をネットオークションや買取店などで売却することで現金を得ます。

購入する商品は、転売可能である事が重要です。

また、買取価格は常に変動するので、正しい情報が得られなければ買取価格が購入価格を大幅に下回る場合があります。

どうしても現金が必要な場合は還元率が低くても助かるかもしれませんが、一定の現金を得るためには現金化業者に依頼した方が良いです。

業者に依頼する場合の換元率の相場は80%程度で、最初に提示していた換元率で即日に現金を振り込むことが可能な業者も少なくありません。

参考サイト:ビックギフト 評判


タグ :